作成者別アーカイブ: wistaria42335

選挙と万歳

22日、今日は日曜日。昼間は台風の接近と進路を気にしながら私どもの法人の理事会を開催し、夜は台風情報と選挙の開票状況を知るべくテレビにかじりつき、翌朝は交通状況の確認と寝不足を強いられた、週の始まりであった。

夜半になるとテレビでは立候補者の選挙事務所での当選を祝う万歳三唱が各チャンネルで映し出されていた。

過日の「天声人語」によれば、「万歳」は天皇を祝賀の場に迎える際に民衆が一斉に発する言葉として考えられたものであるらしいyjimageQMRVWOGQ。当初は「奉加」三唱が候補に挙がったが、発声練習をさせてみると「ほうがあ、ほうがあ」が「阿呆が、阿呆が」に聞こえてしまうらしい。これは宜しくないということで「万歳」になったとのことである。こうして生まれた「万歳」が、なぜ国会の解散時に発せられるのであろうか?

国会・衆議院が解散されると公示を経て選挙戦に突入する。この経費が600億円とも700億円とも言われている。これも我々の税金から賄われている。解散権を持つ首相はこの点を良く考えて、大義のない解散は軽々に行ってもらいたくないものである。

著者は忘れてしまったが、「お笑い総選挙」という著書にはこのようなことが書かれていた。立候補者は選挙ポスターに相当神経を使っているらしい。先ず神(髪)に見放されてしまうためハゲ頭のポスターは使わない(一部の例外はあるが)。yjimage[7]そのため髪の毛を増やし、目を大きくし、顎を細くする等の修正を加える人もいるらしい。過去には数十年前の写真を使った人もいたらしい。

また、選挙カーでは選挙運動をしてはいけないが、停止中の演説と走行中の連呼だけはしてもいいことになっている。そして警察は選挙事務所に出入りしている人物をほぼすべて把握しており、投票日が近付くにつれ候補者はスリムになり、内勤スタッフは大量の差し入れによって太っていく。

2004年の沖縄県北中城村の村長選挙には同姓同名の二人が立候補した。現職の喜屋武薫氏と新人の元村議会議長の喜屋武薫氏である。二人を区別するために選挙管理員会は前者をキャン村長、後者を議長カオルとして区別したという。しかし、当選したのは新垣邦男氏であった。

新聞等の選挙の「当落予想」には、「A氏とB氏は横一線で並んでいる」「A氏に勢い、B氏猛追」「支持広がる」「独自の戦い」「A氏とB氏が横一線、C氏苦戦」等の語句がよく見受けられる。「A氏とB氏が横一線」とは、A氏、B氏はほぼ同じ支持を得ているが、誤差の範囲内でA氏が優位に立っているとの意味。「A氏に勢い、B氏猛追」とは、A氏とB氏の間には相当な距離があり、B氏は猛烈な勢いで追う必要があるとの意味に解釈するのだそうである。

「支持広がる」とは、所属政党など本来の支持基盤はほぼ固めきり、他の政党支持層にまで支持が広がっていることを指すのだそうである。yjimage[1]

そして「独自の戦い」とは、いわゆる泡沫候補や自民対希望、自民対立憲民主等の一騎打ちの谷間で、ごく少数の得票しか見込めない、問題外の候補を指すのだそうである。

「A氏とB氏が横一線。C氏苦戦」との表現は、新聞社本社の調査データーのままならA,B,C,の順に優勢なのだが、地元の細かい事情を加味した支局の情勢分析ではB,A,Cの順であることを意味するのだそうである。

さて、皆さんが指示された候補者は「万歳」をなさったのでしょうか?

伊藤 克之

 

 

『ういすたりあ』に入職して

私がういすたりあのみんなと出逢ったのは今年の3月のことでした。

それは面接の場で、施設長と副施設長の2人。とても緊張していた事を覚えています。その面接で色々な質問をされました。初めは「変だなぁ。厳しいところなのかな?」と不安に思ったのですが、途中から「これだけ履歴や条件に関係ない質問をしてくるということは、人の中身を見て、人間性を重視して選ぼうとしている所なのだ」と感じました。珍しいなぁと思った反面、もしこちらとご縁があればどんなに素敵かなと思ったのです。

そして、はれて3月末からういすたりあの一員となり、私は介護の資格もなく経験もほぼない感じでの初めてのデイサービス勤務がスタートしました。しかし入職して間もなく、温かく指導してくれた先輩たちが相次いで退職されました。私は大きな不安に襲われました。それから3ヶ月間は1人でがむしゃらに頑張りました。そしてとても悩んでいました。誰かに話をするわけでもなく、自分の担当の仕事を一人でこなす事も出来ず。時間ばかりが掛かり、他の先輩たちに余計な力を使わせ迷惑をかけていると考えていました。そのせいか先輩たちの輪の中に入れず、どこか孤立しているような・・・これ以上は迷惑になるから辞めたほうが良いのではと苦しんでいました。

そんな時、入浴介助で一緒になった先輩から「何かあった?大丈夫?」と声を掛けられました。yjimage6XI95Y4S私は悩んでいた心の内を話しました。先輩は私のことを受けとめてくださり、「介護は何よりも経験を積む事が大事よ。あなたはいつも一生懸命やっている。初めはそれで良いのよ。技術などは後からついてくるものだから。何かあったら我慢しないでいつでも話してね」と励ましてくれました。

私は何も言わないのに、不安だった私に気付いて話を聞いてくださり心の底から救われました。同じ頃、施設長にも声を掛けられました。施設長も先輩と同じように私が不安で押しつぶされそうになっている事に気付かれていました。そんな私に、自分が介護職員で失敗した事や苦労した事など1時間以上かけて、アドバイスをしてくださったのです。新人で駄目な私を受け止め、無条件で認めてくれる人の温かさ、人間味にあふれた先輩達の「心」を感じさせてもらう事が出来ました。ういすたりあ の人達には偉い人とか立場、上辺の事とか抜きにした「人間味、深い温かさと優しさ」人にとって一番大切な「人を思いやれる心」を持っている人達がいる。デイサービス・訪問介護・ケアハウス・特定施設入居者生活介護・・・部署を超えた人と人の根本の繋がりを知る事が出来ました。あるとき、10年後のういすたりあの夢を施設長がお教え下さった時、近くで私もお役に立てるよう少しでも前身していきたい。施設長をはじめ、先輩達についていけたら、どんなに幸せな事だろうとその時に心が震えた事を今でもはっきり覚えています。

はずかしいことですが、この場を借りて感謝の気持ちをお伝えします。施設長をはじめ先輩方みなさん、ご利用者のみなさん、ありがとうございました。私は先輩達やスタッフの皆さん、ご利用者様、みなさんに笑顔と大きな力をもらって助けられています。どんな世界でも、どんな関係でも、人と人は心と心を通わせ繋がる事で未知に大きなパワーを生み出せると思っています。その力を信じて、今後も介護に携われたらと思います。介護の仕事は「している」ではなく、「させてもらって、お役に立たせてもらっている」という気持ち。その気持ちを幸せに感じ、目の前の人達やご家族のために、日々感謝をして笑顔を増やせるように、一生懸命、前を見続けてチャレンジしていきたいなと思っています。清く美しい笑顔をくれる皆さんへ、心からの「ありがとう」を忘れずに伝えたいです。色々な事と日々闘っているご利用者様達、そしてスタッフのみなさん、これからは一緒に悩み、共に励まし合い、一日一日を大切に楽しく過ごしていきたいです。私は、ういすたりあのみんなの事が大好きです(#^.^#)

それと、こんな私ですが、遠い夢というか目標が少し見えてきています。私は過去に大切な人が難病を患い、見守ってきた経験があります。また、デイのご利用者様が病で苦しんでいる姿も見てきて、とても悔しい思いをしました。病やケガ、医療の力ではもう治せない苦しみと闘っている方々の一人一人の「心」に寄り添いながら一緒に闘い、支えや力に少しでもなりたい。僅かでも温もりや癒しを感じてもらえるような介護士に近づきたいと思っています。そのためにも、ういすたりあで多くの経験をさせてもらいながら学んでいきたいです。

yjimageTV0L0L5L

こんな未熟な私ですが、これからもどうかよろしくお願い致します。

伊藤 恵美

 

『入職から5か月を振り返って』

出産を機に家庭に入り4年半ぶりに働き始め5か月がたちました。

久しぶりの仕事に不安な気持ちが多くありましたが、やっと生活と仕事のリズムができてきたように思います。また、社会で働くことに対してとても新鮮な気持ちで取り組むことができています。

入居者の方々のお名前も覚え、最近ではやりとりも増えました。入居者の方から名前を呼んで声をかけていただく機会もあり、とても嬉しく思います。

やりとりの中で、私自身が子育て中ということもあり、入居者の方が、ご自身の経験を話してくださることも多くあります。ある方から、「働けるうちは働かないとね。私は70歳まで働いたよ。大変だけどがんばってね。」と励まされとても力になりました。yjimage91701F0E

職員としての立場は支える側かもしれませんが、やりとりを通して、働いていく上での支えになる言葉や出来事に出会うことがあります。福祉の仕事のいいところだなと感じています。

まだまだ覚えなくてはならないことばかりだと思います。まずは、一つひとつ教えていただいた仕事を確実にできるようにしたいと思います。そして、仕事を続けていく中で新たに勉強しなければいけないことをみつけ、仕事の幅を広げていけたらと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ケアハウス所属 野村 希和

 

 敬 老 の 日

長いことご無沙汰いたしました。また今月よりお目にかかりたいと思います。

9月18日は敬老の日。この日に先駆けて平塚市落合市長が長寿者のお祝いに「ういすたりあ」を訪問してくださいました。DSC_2307昨年は103歳の方と100歳の方がお祝いを受けられましたが、寂しいことに今年は101歳(大正5年6月生まれ)の入居者様1名だけになってしまいました。

約1世紀前の大正5年は、第6回ベルリンオリンピックが中止となった年であるが、この年には精神科医の斎藤茂太、プロ野球で活躍した鶴岡一人、藤村富美男が生まれている。私に文章を書くきっかけを与えてくれた栃木県那須の開業医・見川鯛山先生も大正5年生まれであった。

文壇では「出家とその弟子」(倉田百三)、高瀬舟(森鴎外)が発表され、夏目漱石は「明暗」を未完のまま世を去っている。

ちなみに明治製菓(東京製菓、大正に創立されても明治製菓である)が創立されたのもこの年であり、早川徳治氏(後の早川電機,シャープ創業者)がシャープペンシルを発明したのも大正5年であった。

新聞によれば、平塚市には100歳以上の高齢者が127名もいらっしゃる。この数は過去最多だそうである。市内の最高齢は、107歳の女性2名だそうである。巷では、「アラウンド・サーティー」、略して「アラサー」に対抗して「アラウンド・ハンドレッド」略して「アラハン」なる言葉が流行しているとか。

長寿と言っても、日本は平均寿命を香港に抜かれ、男女とも世界第2位となってしまった。これも受け売りだが、香港の長寿の源は医食同源、安価でかつ利用しやすい医療機関の充実(漢方も含む)、そして喫煙率の低下だそうである。

すでに人口減少が始まっている日本にあっては、平均寿命の伸延よりも健康寿命を延ばすことを心掛けたいものである。「生涯現役」を目標に!

それには、1~2cm歩幅を広げた歩き(時にはゆっくり、時には早く)を心掛け、不道徳ではあるが紙クズを丸めたゴミはゴミ箱から離れた場所からゴミ箱に投げ入れる訓練、そして回想法を取り入れた「ういすたりあ」の「藤の花学校」の参加などをお勧めしたい。

yjimageC29JFV2Tさらには日常からテクテク(適度な運動)、カミカミ(三度の規則正しい食事を、よく噛んで食べる)、ニコニコ(心の健康)、ドキドキ(五感を使った感動)も心掛けたいものである。

伊藤 克之

これからの自分

皆さん、いろいろな理由で転職をされている事とおもいます。私は10年間、老人ホームで働いていましたが、自立型の園だったので介護をしたことがありませんでした。介護もできないで介護職員なんてやっぱり納得できず、勉強をしたいと思っていました。訳あって転職する事となり、この機会に介護のできるホームで働きたいと思い、ういすたりあさんでお世話になる事となりました。yjimage3Y35IX3Z

実際働いてみると、頭ではわかっていても思うように体が動かず、ビックリすることの連続でした。私には向いていないのでは?と悩んだりもしました。でも、先輩職員の皆さんに励ましていただき 皆、最初はそうだよと共感され元気がでました。

今の私ができる事は仕事を覚え、気持ちのいい介護ができるようになる事です。1年後には、利用者さんに信頼してもらえる職員になれていることが目標です。yjimage09RGZ62Qそして、利用者さんに寄り添い傾聴し、穏やかに過ごしていければと思います。

焦らず前向きに頑張っていくつもりなのでこれからもよろしくお願いいたします。

杉山 和子

 

 

 

『ういすたりあに入って』

私は 3月にういすたりあに入職しました。

あっという間な感じもしますが、とても長く感じる6ヶ月でした。この6ヶ月自分自身の事を沢山考え、色々な事を感じました。

自分があらためなければいけない事や自分が変わらなければならない事、沢山職場の人達に助けてもらって日々を過ごしている事を感謝しながら過ごさないといけない事を気づかせて頂きました。

今年は色々な事を考え、今までの自分をふり返って、今後仕事をしていくうえでどんな目標を持つか答えを出したいと思っています。

私は「ありがとう」と感謝された事がきっかけで介護職につきました。魔法の言葉だと思っています。

ういすたりあを利用して良かったと思っていただけるような毎日を今後日々考え、みなさんが安心して過ごしていけるよう努力します。

そして職員間の感謝を忘れずに、感謝されるよう日々過ごします。

二見 愛子

yjimage yjimageK7119X0L

この度、社会福祉法人則信会の現況報告書及び平成27年度法人経営状況を「全国経営者協議会」のホームページに掲載致しました。下記URLよりご覧ください。

http://www.keieikyo.gr.jp/cswm/foundationview.php?viewno=3254

上記URLで閲覧出来ない場合は大変お手数ですが、下記URLより則信会を検索して下さい。

http://www.keieikyo.gr.jp/

もう時効ですよネ!

主婦が八百屋の主人にたずねた。

「ニンジンを食べるのは目にとってもいいとか聞いたけど、本当かしら?」

『奥さん、あなたはメガネをかけたウサギを見たことがありますか?』

若い女が産婦人科医に電話をかけてきた。

「あの、お忙しいところお騒がせしてすみませんが、診療室にピンクのパンティーがありませんでしたか? 午後の診療のとき忘れたような気がするのですが」

『あいにくですが、何もありませんでした』

「そうですか! じゃ、ひょっとしたら歯医者さんのとこかしら・・・」

このようなことは現実にありえないが、人に言えない失敗談は多々あるものである。yjimage[1]ましてや4月から入職された新人職員たちは、緊張が相まってこの数は増していることだろう。

私の知人は、親の手術に立ち会うように医師から言われて手術室に入ったところ、血を見て貧血をおこし倒れてしまった。しかし、彼はその後脳外科医として大成している。

「ういすたりあ」の施設長も、初めての介護でオムツ交換時に糞便を見て、もう時効ですよね③嘔吐した経験を持つし、副施設長はデイサービスで認知症の利用者に服薬の介助を行ったところ、薬を飲んだ振りをされ、トイレで吐き出されてしまった。彼はそれを手でスクイ上げ、急いで上司に相談に行ったという。

現在は審美性を考慮してあまり多く用いられていないが、歯科医師はかつて奥歯の虫歯の修復に金属の詰め物(インレー)を詰めた。現在は歯と同じような色の樹脂状のものを流し込んで固めたり、削った歯の型を取って白い詰め物を作って合着したりしている。最近では3Dの技術を用いて製作することまで行われている。

私がインターン(院内実習生)の頃の話である。歯の詰め物を作る作業には間接法と直接法の二通りがあった。間接法は、歯の悪い部分を削り取り、その歯の型を採得し模型を作り、口腔外で金属の詰め物を作る方法である。直接法は、歯を削ったところに軟化したワックスを圧接し、口腔内でワックスに豊隆を付けたり、溝をつくったりして、歯の本来の形に彫刻を施すものである。問題はこれからである。歯科医挿絵この彫刻を施したワックス(インレーの原型)を如何に形態を損なうことなく、上手に口腔外に取り出すかである。それには1,2cmの長さに切った細い針金を熱してワックスに挿し、ただひたすら針金が冷えてワックスに固着するのを待って、歯からワックスとともに抜き取るのである。この間患者さんは口を開いたまま。歯科医師の卵は手をできるだけ動かさないように、息を止めてピンセットを固定し、ただひたすらワックスが硬くなるのを待つのである。

針金が冷めてワックスに固定されると、そこで針金(これが後に金属を流し込む流入通路となる)と共にワックスを取り出して、鋳造の工程に移るわけであるが、この数十秒が待てず、針金が早く冷えてワックスと固着するようにと、患者さんの口の中に「フー、フー」と息をかけて冷ました大バカ者や、熱した針金を緊張のあまり患者さんの口腔内に落としてしまう輩もいた。

仲間は全国に散らばって、院長として慕われ、地方でいろいろな役職について活躍している。

伊藤 克之もう時効ですよね①

 

 

「子」の付く名前

天皇陛下の譲位への対応を検討している「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が最終報告を首相に提出した。ご高齢の天皇陛下が多忙な国事行為をつつがなく遂行される裏には、陛下の並々ならぬ努力とご苦労があるものと推察される。「次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではと案じています」との天皇陛下のお言葉には、深く同情の意を表さずにはいられない。yjimageUSBLPHKE

皇族は戸籍がなく(これに代わるものはあるが・・・)選挙権も被選挙権もない。にもかかわらず、相続税や印税等の納税の義務が生じていると聞く。行きたいときに行きたいところに行け、晴耕雨読のできる私はつくづく一市井の徒で生まれてよかったと思っている。

タイトルは忘れたが、女性皇族には○子または○○子と言われる名前が多いことをテレビで放映していた。調べてみると確かに多い。美智子皇后陛下をはじめ、雅子皇太子妃殿下、華子殿下、以下敬称を略させて記述させてもらうが、愛子、紀子、眞子、佳子、信子、百合子、久子、彬子、承子等々、延々と列挙することができる。

皇族の女性に好んで「子」を付けるようになったのは、第52代嵯峨天皇の時代からだと言われている。それから現在まで約1200年間、内親王や女王方のお名前には「子」がついているそうである。

「子」という文字の読み方には「ね」(訓読み、十二支から)、「こ」(訓読み)、「し」(音読み)、「じ」(「し」の変化形)の4通りがある。

それ故、嵯峨天皇は「子子子子子子子子子子子子」という文字を書き、家来に読ませた。「ねこのここねこ、ししのここじし」「猫の子 子猫、獅子の子 子獅子」と読むのだそうである。解いたのは小野篁(おののたかむら)と言われている。

ところで、皇族の女性名に「こ」の付く名前が多いのは解るが、美智子皇后陛下,雅子妃殿下、秋篠宮紀子殿下、常陸宮華子殿下等々私の知る女性皇族の何人かは、元来皇族の出身ではない。天皇陛下や秋篠宮様は恋愛結婚であると聞いている。天皇陛下や秋篠宮様は名前をよくお調べになったうえでプロポーズされたのであろうか?「名前」が先か「愛」が先か、私はたずねてみたいところである。

男性が「子」の付く名前を好んで付けた時代もあったようである。小野妹子、蘇我馬子、中国では孟子、孔子、荘子等々である。女性にあっては津田梅子が「むめ」を梅子に、与謝野晶子が「志よう」を晶子に改名している。

近年では1920年から1955年に誕生した女性の約80%が名前に「子」を付けた名前を有している。否、親が好んで付けているのであろう。このピークは1945年(昭和20年)である。

名前に「子」が付いているから、いないからと言って世の中が変わるわけでもなく世界の趨勢に変化を来たすものでもないが、昨今の読みづらい、当て字的な名前は勘弁してもらいたいものである。この件については、いつも幼稚園、小中学校の先生方のご苦労に同情している。image

因みに、何十年(一説には75年以上、本人が亡くなった後まで)と桃屋の「ごはんですよ!」のコマーシャルを行ってきた故三木のり平さんの本名は「則子」と書いたそうである。その訳は、のり平さんの男のご兄弟はみんな若くして病死されていた。男の子を欲しがっていたご両親は、せめて末っ子の「のり平」さんには「丈夫に育ってほしい」と願って、女性の名前である「則子」を付けたとか・・・

伊藤 克之

 

ふるさと納税

なんとなく春の訪れを肌で感じられる今日この頃です。身の置き場所が家の中から屋外へと移動する時季でもあります。

一人の男が書店に入り、店員にたずねた。

ー日曜大工に関するいい本はあるかね。

店員は近くのコーナーに行き、一冊の本を持ってきた。

ーこれがお勧めです。とても評判がいいです。これを買いさえすれば、仕事は半分すんだようなものですよ、お客さん。

ー半分すんだようなものね。それじゃ二冊もらおうか!(野内良三)

 

私たちの施設「ういすたりあ」は、平塚駅から4kmほど離れている。役員会を開催すると、駅からバスに乗ったつもりで歩いて見える役員さんがいる。

ー今日はバスの後を追いかけて歩いてきたので、290円が浮いちゃったヨ!

私は言葉を返して、

「バスの後ではなくて、タクシーの後を追いかければ、1600円くらいは倹約できますよ」と、いつもからかっている。この役員さんの名誉のために記しておきますが、彼はお金を節約することが目的ではなく、自らの健康のために歩いて来所されていらっしゃいます。

 

昨年暮れ、家族で「ふるさと納税」をやってみた。yjimageFBTLAFZ6息子はテレビやカニ、私はビール3箱をいただいた。家内は自らの故郷「都城」に寄付をして牛肉やお茶を自治体からプレゼントしてもらっている。併せて我が家の男性軍のために、焼酎もリクエストしてくれた。我が家に届けられた霧島酒造の芋焼酎の中に「うまいもんはうまい」といったラベルの貼られている焼酎があった。1升瓶いっぱいに貼られたラベルには、宮崎県内の名産が、春夏秋冬に分けてプリントしてあった。

春:青島の真鯛、日向の蛤、鵜戸の雲丹(うに)、〈延岡市〉鯛名の甘海老、〈日向市〉油津(あぶらつ)の甘鯛、清武の日向夏、椎葉の山菜、都井岬の飛魚が絵入りで紹介されていた。長くなって恐縮だが、

夏:〈西都市〉右松の韮(ニラ)、五ヶ瀬川の天然鮎、佐土原の生姜、青島の旭蟹、新富の苦瓜、〈児湯群〉富田浜の縮緬(ちりめん)、法華嶽の茗荷(ミョウガ)、〈西臼井郡〉日之影の茄子 等々である。

名産品を知るばかりでなく、読めない地名や場所が見当つかないところがあったりして、焼酎を酌み交わしながらの我が家の夕食の会話は大いに盛り上がった。あと秋と冬もプリントされているのだが・・・

家内からは更におまけがついた。父親が教員であったために、転勤も多くあった。そのため「何番目の姉は〈日向市〉目井津(冬の鮪が名産とある)で生まれたのよ、その次の姉は〈西臼井郡〉鞍岡(秋の山女魚が名産)で生まれたのよ」、話は尽きることはなかった。

宮崎県や都城市からすれば大きなPRにはなるし、懐は潤う。yjimageQK9E4XW3私たちからすれば知識が増えるとばかりでなく、良い気分に浸れる。過激な「ふるさと納税」は考えさせられるが、庶民に夢をプレゼントしてくれる「ふるさと納税」は大歓迎である。

伊藤 克之